河童の川流れ

日々の出来事をつらつらと。

« 08 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 »

スポンサーサイト

-- / -- / --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に闇を飼い続けているのですか?

2006 / 10 / 28

三浦しをんさんのエッセイがでましたわね。
おすすめのBLを面白おかしく薦めていくエッセイ。
いいのか?直木賞作家?!
まあ、良い。

そんなことより、私は一つ忠告を致したい。

電車の中で読むな。

・・・・まあ、忠告って言うか、普通に考えたら分かることを何でするの?お前。
って感じでしょうね。
そうなんでしょうね。
ええ。

しょうがないので、本屋の袋に本をさっと戻し、鞄の中から持参してた本(小栗虫太郎)をさっと取り出しよんでみる。
初めっからこの本しか読んでませんよ。
ちょっと性格に問題のありそうな、この探偵に夢中ですよ。
という素振りを無駄に装ってみる。


鞄の中に必要以上に本を持っていたりは致しません。
いきなり、見知らぬおじさんに
「おじょうちゃん、おじょうちゃんの鞄の中にはエライ仰山本が入ってんなー」
などと言われたことはございません。
ございませんとも!

つーか、何故他人の鞄の中をのぞくのだ!!
あれか?
戦時を生きぬいたからか?
他人が鞄や服の中に潜めた闇米を少しでも掠め取ってやろうとした時代の名残かなんかなのか!?
込み合った電車の中、生き抜いていくために今も目を光らせている一人の老人(に近いおっさん)
もうほっといて!
私の鞄には食いもんはないので放って置いて!!



・・・・・本文中に偏見に満ちた表現があった事を深くお詫びいたします。
スポンサーサイト

comment

post

管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://meikokucho.blog130.fc2.com/tb.php/129-92c61ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

殿村めえ

Author:殿村めえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。